重要事項の説明


 複数の業者が取引に介在した場合、その業者の取引主任者の1人を代表として重要症事項の説明をさせることができる。

 複数の業者が介在して取引を成立させた場合、各業者の取引主任者が重要事項の説明書に記名押印しなければならない。

 区分所有建物の貸借の場合の重要事項の説明は、専有部分の用途に関する規約上の制限、管理が委託されている場合の受託者の氏名と住所である。


(C)宅建合格のつぼ