債権譲渡


債権の譲受人と差押債権者の間の優劣関係は、確定日付のある通知と差押命令の送達が債務者に到達した日時の先後によって決定される。

債権譲渡が行われた場合、債務者は、譲渡人に主張できたことはすべて、譲受人にも主張できるのが原則。

善意(譲渡禁止特約の存在を過失なく知らない)の第三者に対しては譲渡禁止特約を対抗できない。


(C)宅建合格のつぼ