相続


 被相続人の意思で相続権の一切奪う方法として、相続排除という手続きがある。相続排除は、家庭裁判所への請求に基づき、家庭裁判所の判断によって決定される。

 相続人がいない場合、特別縁故者に相続財産が承継されることがあるが、その判断は、家庭裁判所が行う。

 公正証書遺言を作成する場合は、証人2人以上の立ち合いが必要となる。但し、自筆証書遺言は、証人の立ち合いは必要ない。

 相続人全員が合意すれば、遺産分割をやり直すことができる。


(C)宅建合格のつぼ